皐月賞(G1)

皐月賞(G1)
一応3強と云われるロジユニヴァース、アンライバルド、リーチザクラウンの一角を崩せる馬は居るのか?それとも纏めて負かす馬は居るのか?
トライアルのスプリングS、弥生賞が例年に増してスローペースだっただけに、ここで力を出し切れなかったスタミナ(持続系)の馬が台頭しそうな予感がする。
・スプリングSからは、G1特有の淀み無いラップになれば、父ロベルト系のSクリスエス産駒のリクエストソング、母父がトニービンも好感。

・報知杯弥生賞(G2) からは、京成杯(G3)勝ち馬のアーリーロブスト、先行策で積極的に立ち回り、直線で我慢比べに持ち込めば、何とかならないか。

・中山寒竹賞(500万下) 1着、若葉S(OP)1着のベストメンバー も、先行に後方待機を経験しているだけに、面白い存在だ。若葉Sからもう一頭、先行して頑張ったトライアンフマーチ 。

後は、今年は主役の2頭が先行馬だけに、駄目元で末脚勝負に徹する後方待機組の馬が、穴を開けそうだ。穴馬としては失礼だが、候補としてはセイウンワンダー辺りが匂う。

番外
福島ダ1700m
力の要る馬場に成っているので、ロベルト系、Gソブリン系等の欧州血統が良さそうだ。重馬場だった中京ダートで追い込んで脚を余した馬を狙えば面白いかもしれない。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2009-04-15 20:09 | 競馬 | Comments(0)