京王杯SC(G2)は勢いで

京王杯SC(G2)
府中1,400mはナスルーラ系のトニービン、Pギフト系が強いコース。
◎スピードタッチ 牡6 57.0 藤岡康太
準OPを勝ち上がったばかりでデータからは厳しいが、一応母母系はPギフト系、父はSS系のスタミナ寄りのMオウドウ、末脚の切れ勝負は分が悪いが、その分先行して足れない脚質に賭けたい。母系に入った日本在来血統がゴール前の消耗戦で活きるだろう。鞍上もNHKマイル勝利でG1を奪取した藤岡康騎手。馬と鞍上の勢いに乗ってみる。
〇スマイルジャック 牡4 57.0 田中勝春
父タニノギムレットは母系のナスルーラ系Gソブリンが表に出た馬、戦跡も短距離にシフト気味で、ここは勝ち負け充分。心配は鞍上か。
▲ソルジャーズソング 牡7 57.0 北村友一
シルクロードS(G3)2着、高松宮記念(G1)3着と、ここに来て本格化か。
△トウショウカレッジ 牡7 57.0 内田博幸
馬連、ワイド流し

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2009-05-15 20:42 | 競馬 | Comments(0)