安田記念、ラップを間違った。

昨日書いた安田記念のラップ、を逆から見ていた、恥ずかしい。即消しました(苦笑)
今年のラップ

12.0 10.6 10.8 11.9 12.1 12.1 11.6 12.4
前半3ハロン・33.4秒ー後半3ハロン・36.1秒
重い馬場で33.4秒のラップで逃げたコンゴウリキシオーは、正しく暴走ペースでした。興味深いのは、ディープスカイの後半3ハロンが35.5秒なのに対してウォッカは35.7秒、ここからウオッカが鮮やかに差し切ったと云うよりも、ディープスカイが残り100mで急速に減速した事が伺える。ウォッカは詰まった事が不幸中の幸いだったとも考えられます。四位騎手は、レッドディザイアに続き今回と仕掛けが早すぎた感も有る。しかし、東京でのウオッカの強さにはケチの付けようは有りません(笑)

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2009-06-08 19:51 | 競馬 | Comments(2)

Commented by yoshimura at 2009-06-09 21:07 x
マイルとは思えない前半のラップですねー。
一番後ろから絶妙に差してきた安藤騎手の
判断も老獪だなあと思いました。
Commented by 不透明 at 2009-06-10 18:39 x
安藤騎手、府中マイルは得意中の得意コースですね、気づくのが後手後手で、どうもいけません。