毎日王冠、京都大賞典

毎日王冠
順調に夏を越していれば断然の1番人気ウオッカ、恐れを成したか少頭数の出走馬。
そのウォッカ、写真で確認すると胴が薄く、どうも夏負けしたんじゃないのかと、思われる。初戦からガンガン行く厩舎では無いだけに不安も有る。それに今や競馬界の至宝、G2辺りで故障と為っては泣くに泣けまい。そこに他陣営も付け入る隙も有るのではないかと考える。
展開は、逃げ馬不在で昨年の様にウォッカが逃げるかも知れない。後は昨年のスーパーホーネット並みの、先行し且つ33秒台の末脚を繰り出せる馬が居るのか?

ウォッカを脅かしそうな有力馬
アドマイヤフジ     牡7 57.0 川田将雅
サンライズマックス 牡5 57.0 岩田康誠
スマイルジャック     牡4 57.0 三浦皇成
ナムラクレセント     牡4 57.0 小牧太
ヤマニンキングリー 牡4 58.0 柴山雄一

京都大賞典(G2)
G1馬オウケンブルースリ、マイネルキッツが、ここから始動。しかし何とも頼りない牡馬陣。例年G1戦線で好走して来た馬が強いレースだが、今年は一波乱有るかも知れません。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2009-10-08 20:01 | 競馬 | Comments(0)