菊花賞(G1)

菊花賞(G1)
リーチザクラウンはセイウンスカイの再現か、それともアドマイヤメインの様に3着までなのか?
騎手の順番から行くと福永、和田、藤田騎手辺りに回って来そうな予感もする。
◎セイウンワンダー 牡3 57.0 福永祐一
G12戦がが後方からの競馬、前走神戸新聞杯が一転して先行策と前哨戦らしい騎乗で、ゴール前はもう一伸びしていた。今回はもう少し溜めて中団で待機して末脚に賭けると思う。G1となるとやはり母父SSは強力な味方、父Gワンダーが気懸かりだが折り合いさえ着けば問題無いだろう。母母父リアルシャダイ も好感。

〇ブレイクランアウト 牡3 57.0 藤田伸二
朝日CCで初の関西遠征、斤量差も有ったが2着と健闘し力を示した。陣営の意気込みを買ってみる。

▲リーチザクラウン 牡3 57.0 武豊
少なくともアドマイヤメイン以上のパフォーマンスは見せそうだ。

馬券は◎〇軸の3連複、ほぼ走流し。配当的に〇ー▲馬連

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2009-10-25 10:02 | 競馬 | Comments(2)

Commented by umajirusi at 2009-10-25 11:41
セイウンワンダーの取捨について、あれこれ考えていましたが、不透明さんの本命印を”後押し”とさせていただきます。
Commented by 不透明 at 2009-10-25 16:00 x
セイウンワンダー3着確保もブレイクがアウトでは私もアウトでした、スリーローレスに印お見事でした。