天皇賞(秋)(G1)結果

天皇賞(秋)(G1)
穴馬から入れば外しても精神的ダメージは少ないね(笑)
1着馬、中団内ラチ沿い、2着馬はその前内ラチ沿いと、正しく勝ちポジションをキープした馬達。マアそこをキープする馬を探すのが難しいが。
1着、カンパニー 牡8 58.0 横山典弘466(+4)1:57.2
ミラクルアドマイヤ×ノーザンテースト
今までG1獲れなかったのは、何なんだと思わせる快勝劇でした。
2着、スクリーンヒーロー 牡5 58.0 北村宏司490(+12)
グラスワンダー×サンデーサイレンス
馬も仕上がっていた様だが、鞍上府中で内を突かせたらNO1だな。これでJCは1番人気か?
3着、ウオッカ 牝5 56.0 武豊498( 0)
タニノギムレット×ルション
馬が落ち着き過ぎていたのが気になったが、あの位置取りは王者の位置取りでは無いだろう。武豊も前に壁を作りたい意識が強すぎた。

4着、オウケンブルースリ
距離も短い模様だが、時計が早すぎたのと外枠が響いたか。JCでは内枠ならば逆転も
5着、シンゲン
G1経験に、力負けの感。マイル付近が良さそうだ。

タイムは昨年と同タイムの1:57.2だったが。
ラップタイム比較
2008年
■ラップ
12.6 - 11.1 - 11.5 - 11.9 - 11.6 - 11.6 - 11.7 - 11.3 - 11.3 - 12.6
12.6-23.7-35.2-47.1-58.7-70.3-82.0-93.3-104.6-117.2 (35.2-35.2)

2009年
■ラップ
13.0 - 11.2 - 11.4 - 12.0 - 12.2 - 12.0 - 11.7 - 10.8 - 11.3 - 11.6
前半35.6 - 上がり3F 33.7  (5ハロン59.8)
▼4コーナー位置
 17(8,13)(2,1)(4,5)14(3,10)(15,16,18)(7,12)(6,9,11)

ラップを比較すると、カンパニーにとっては中盤で脚を溜められる絶好のラップでした。後方に位置したウォッカには正しく負けパターンの展開だった。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2009-11-01 16:24 | 競馬 | Comments(4)

Commented by 大外強襲 at 2009-11-01 21:39 x
考察でも述べたとおり!カンパニーが快勝でした。
でも二着がひろえなかったですねぇ・・・
まぁ、単勝がひろえたのでよしとします。

それにしても、武さんあの位置取りはないですよ。
あの位置で勝てたら女王ですよ。
Commented by umajirusi at 2009-11-02 10:30
ウオッカには向かないペースでしたね。
でも、
>馬が落ち着き過ぎていたのが気になった
というのは、何か展開とは別の要因があったのかもしれませんね。
Commented by 不透明 at 2009-11-02 19:53 x
大外さん、単勝的中おめでとうございます。カンパニー頭で来るとは、ちょっと軽視しました。
Commented by 不透明 at 2009-11-02 19:55 x
umajirusiさん、ウオッカも母性本能が目覚めてきたのでしょうかね、次はどこに出走か?マイルCSならば勝ち負けと思います。