秋天のウォッカは捨てレースだった?

ジャパンC(G1)
先日の記事でウォッカの闘争心が薄れて来ていると書いたが、撤回。スッカリ角居調教師に騙されるところだった。、昨年の秋天よりもらラップが緩んだ今年のレースで、何故後方からの競馬をしたのか?それは2,400mに対応させる為に、今一度我慢を覚えさせるレースさせたと思う。幸い今年はリーチザクラウンと言う願っても無いペースメーカーを得、更にJ.H.ターフクラシック招待Sで、G1・4 連勝中のジオポンティを逃げて捻じ伏せたインターパテイションがリーチに絡めば、最後の直線は底力勝負の色合い濃厚、となればウォッカにとっては絶好の展開に為ると思う。で、今の所本命候補に抜擢。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2009-11-25 20:27 | 競馬 | Comments(2)

Commented by 大外強襲 at 2009-11-28 03:59 x
ウオッカどうなんでしょう?
私はどうもよくわかりません。
本命にしたいような、切ってしまいようなそんな感じです。
まだ迷っているのが、本音です
Commented by 不透明 at 2009-11-28 10:02 x
ウオッカ、今回は中団付近からの末脚勝負に賭けると思います。そうすると馬券には絡みそうなんですが、問題は当日の雨でしょうか。