朝日杯FS(G1)結果

朝日杯FS(G1)
タイム1:34.0
ハロンタイム 12.0 - 10.8 - 11.4 - 11.9 - 12.3 - 12.3 - 11.7 - 11.6
上り 4F 47.9 - 3F 35.6
バトルシュリイマンが引っ張り前半34.2秒のヤヤ早いペース。エイシンアポは6番手外、Dバーリアンは直後の内を追走。1番人気ローズキングダムは、昨年の勝ち馬Sワンダーとホボ同じ9番手付近を追走し、直線絶好の手応えで先に抜け出したエイシンアポロンをアッサリ交わして一着。母父SSは中山では分が悪いと思っていたが、昨年のSワンダー、そして今年もローズキングダムと母父SSが1着。今後、外回りは母父SSに注意。そして馬群の9番手付近が、このレースの勝ちポジションか。
トーセンファントムは競争中に故障発生した模様。

1着、⑧ローズキングダム牡2 55.0 小牧太
キングカメハメハ×サンデーサイレンス
2着、◎⑫エイシンアポロン 牡2 55.0 池添謙一
Giant's Causeway×Sadler's Wells
3着、ダイワバーバリアン牡2 55.0 蛯名正義
マンハッタンカフェ×Kingmambo
デイリー杯2歳S(G2)2着、 2歳500万下芝1400m1着
4着、③ガルボ牡2 55.0 吉田隼人
マンハッタンカフェ×ジェネラス
やはり内枠有利を実証。
5着、⑯ニシノメイゲツ 牡2 55.0 北村宏司
不利な大外枠からの5着とは、中山は鬼か?
〇ダッシャーゴーゴーは前が詰まり、馬が嫌気を起こしてズルズルと後退した模様と見た、次走で見直したい。

阪神C(G2)
タイム1:20.4
ハロンタイム 12.1 - 10.6 - 11.0 - 11.4 - 11.2 - 12.0 - 12.1
上り 4F 46.7 - 3F 35.3
大きく出遅れたキンシャサノキセキ(シメタと思った私が浅はかだった、笑)が、大外を捲くり上がり一着。2、3着馬も追い込みで決まり、ズブズブの追い込み決着。ダンス産駒の出番無しとはトホホな結果。
1着、②キンシャサノキセキ 牡6 57.0 M.デムーロ
フジキセキ×Pleasant Colony
2着、⑬プレミアムボックス 牡6 57.0 幸英明
アドマイヤベガ×ターゴワイス
同着、⑰サンカルロ 牡3 56.0 吉田豊
シンボリクリスエス×Crafty Prospector
◎マルカフェニックス15着、〇ザレマ9着、後で気づいたが両馬ともに乗り替わり。それも騎手弱化だったとは、詰めが甘い。

負け組ではドラゴンファング、アーバニティ 、エイシンタイガー 辺りに次走期待したい。
人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2009-12-20 18:34 | 競馬 | Comments(0)