桜花賞(G1)

土曜日はニュージーランドT(G2)に阪神牝馬 S(G2)と気になるレースも有り、思考があっちこっちに飛んで、あーややこしい。
桜花賞
阪神マイルで一歩リード(いや二歩か)している種牡馬は、スペシャルウィークとキングカメハメハの2頭。そこに挑むジャングルポケット(Aフィズ)、ゼンノロブロイ(ギンザボナンザ、コスモネモシン)に逆転の目は有るのか?
キンカメ産駒
・アパパネ9番枠
阪神実績、臨戦過程と文句無し。やはり中心は動かないか。
・ショウリュウムーン
1番枠に入りました。今まで外枠で結果を出していた馬だけに、この枠は痛い。
・エーシンリターンズ11番枠
末脚の切れよりも勝負根性で走るタイプと思う。スローの瞬発戦に為った時には分が悪い。
・レディアルバローザ10番枠
ルメール、デムーロと外国人騎手が競馬を教えて、今回和田騎手が手綱を取って2戦目で、手の内に入れているだろう。怖い一頭。

スペシャルウィーク産駒
・ラナンキュラス16番枠
走方を見ると、小回り急坂向きの馬ではないかと思う。割引
・ステラリード12番枠
ここでは1枚落ちる感じ。
・タガノエリザベート
展開待ちで、前崩れのペースならばでしょう。ただ馬体重が500kを越すとまず苦戦でしょう。

ゼンノロブロイ産駒
・アニメイトバイオ13番枠
前走は予定の叩き台、実績からも侮れない。
・ギンザボナンザ2番枠
内で前に壁を作りたいと言っていた通りの絶好枠、侮れない。父の母が米血で、母系に欧州系のトニービンで底力強化も好感。
・コスモネモシン4番枠
馬体重を考えると、上がり目に乏しい様な。

ジャングルポケット産駒
・アプリコットフィズ
大物感は有るが、追い切り後の体重がー2k。輸送を考えると、不安。

結論はまだだ。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2010-04-08 21:55 | 競馬 | Comments(0)