皐月賞(G1)騎手心理

皐月賞(G1)
2007年はヴィクトリーが序盤で鼻に立ち逃げ切りV、2008年は川田Jのキャプテントゥーレが逃げ切りV、そして2009年は過去2年の傾向を受けて、騎手に前に付ける意識を植え付け、ハイペースを演出しズブズブの差し決着、特に逃げたのが前科?の有る川田Jだっただけに尚更だった。そうなると騎手心理として今年はどう騎乗するか?ここからは私の推理だが、「やはり折り合いが大事。個々の馬が、過去のレースで一番のパフォーマンスを見せた位置取りを選択すると思われる」。となると今年は確たる逃げ馬も居ないので、前半1000mを60秒台のスローよりのペースか、そうなれば当然前に行く馬を中心に、馬券を組み立てるのが正解だろう。ヴィクトワールピサに騎乗する岩田Jが、どの位置で競馬をするのか見物で有る。
人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2010-04-13 21:42 | 競馬 | Comments(0)