NHKマイルC(G1)

10R 京都新聞杯(GⅡ)は、3歳OP戦で活躍してきた馬が順当に上位を占めた。
1着、11ゲシュタルト牡356.0kg池添 謙一
マンハッタンカフェ×エンドスウィープ(母母父にSadler’s Wells)
2着、8コスモファントム牡356.0kg松岡 正海
Stephen Got Even(父AP Indy)×Paris House(父Nasrullah 系)母母父Royal Charger 系
3着、1レーヴドリアン牡356.0kg藤岡 佑介
スペシャルウィーク× Highest Honor(父Grey Sovereign系)母母父Blushing Groom 系

11R プリンシパルSは、今までの鬱憤を晴らすかの様にルーラーシップが完勝、一応これでVピサ、ペルーサへの挑戦権を手に入れた。

11R 新潟大賞典(G3)の◎マイネルスターリーは4着敗退。
1着、16 ゴールデンダリア 牡6 56.0 柴田善臣
前走、産経大阪杯(G2)2着は伊達では無かった。

11R NHKマイルC(G1)
◎サンライズプリンス 牡3 57.0 横山典弘
〇コスモセンサー 牡3 57.0 石橋脩
マイルの金亀産駒だ。エーシンダックマンの2番手を気分良く追走すれば、昨年のJカプチーノ再現あるかも。
▲リルダヴァル 牡3 57.0 福永祐一
△ダイワバーバリアン 牡3 57.0 蛯名正義
サウンドバリアー 牝3 55.0 内田博幸
エイシンアポロン 牡3 57.0 岩田康誠
ガルボ 牡3 57.0 後藤浩輝
レト 牡3 57.0 幸英明
☆ダノンシャンティ 牡3 57.0 安藤勝己
◎〇3連複7点、▲ー◎馬単

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2010-05-08 20:18 | 競馬 | Comments(0)