11R NHKマイルC(G1)結果

11R NHKマイルC(G1)1:31.4はコースレコード
ハロンタイム 12.1 - 10.4 - 10.9 - 11.4 - 11.5 - 11.5 - 11.6 - 12.0
上り 4F 46.6 - 3F 35.1
「慌てる〇〇は貰いが少ない」を地で行くようなレースだった。昨年の逃げ残りが頭に有ったのか、G1スプリント戦並の展開。内枠で包まれるのを危惧したのか横典騎手Sプリンセスを先行させたが、この猛ラップでは流石に脚が持つ筈が無く敢え無く4着敗退。円熟の安勝ダノンシャンティは出た成りの後方待機、これがズバリ嵌まり大外一気に差して優勝。せめて横典には馬群中団で待機して、ダノンシャンティを待ち受ける競馬をして欲しかった。

1着、13 ダノンシャンティ 牡3 57.0 安藤勝己
フジキセキ ×Mark of Esteem (父Darshaan )母母父Halo
2着、1 ダイワバーバリアン 牡3 57.0 蛯名正義
マンハッタンカフェ ×Kingmambo (母母父オジジアン )
2着、3 リルダヴァル 牡3 57.0 福永祐一
アグネスタキオン ×サンダーガルチ (母母父Alzao・ Lyphard 系)

悔しいから書いておこう。
12R東京スマイルPを3連複的中し、取り戻したのがせめての救いだった。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2010-05-09 16:59 | 競馬 | Comments(2)

Commented by サンライズプリンス at 2010-05-10 00:01 x
横山はその馬の持ち味を十二分に引き出した騎乗だったと思います。我慢したところでダノンより切れないからあの競馬しかないと思うけどね。
Commented by 不透明 at 2010-05-10 18:22 x
コメントありがとうございます。しかし音無調教師は違う見方だった様ですよ。