エイシンフラッシュ

何か事故みたいなダービーだったが、エイシンフラッシュはドイツ血脈で、内回り急坂コースの消耗戦向きと思っていたが、戦跡を見ると京成杯(G3)の上がり3ハロン12.4-11.4-11.4から、充分にスローの瞬発戦に対応できる馬だった。それに2010年現在リーディング1位厩舎の藤原英昭氏の馬、鞍上内博Jなのに、軽く見たのも敗因だった。しかし何だかんだと言っても、皐月賞の1、3、4着で決まったのを素直に捉えることが大事か。
安田記念(G1)
ショウワモダン、セイクリッドバレー(出走出来るか未定)に香港馬辺りが気になる。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2010-05-31 20:55 | 競馬 | Comments(2)

Commented by 大外強襲 at 2010-05-31 21:55 x
日本馬がぱっとしません。
今年は、外国馬でしょうか?
Commented by 不透明 at 2010-06-02 19:31 x
どうなんでしょうかねー。ぱっと見たところフェローシップ、ビューティーフラッシュ、リーチ、キャプテンが有力そうですね。第五の穴馬見つけたいです。