今更ながら

安田記念(G1)勝ち馬ショウワモダンの父は、このレースの勝ち馬エアジハード。安田記念と云う特殊な淀み無いペースで流れるレースならば、馬券を外すにしても、父産駒のこの馬に最低でも▲の印を打つべきだった。

今週はエプソム C(G3)が有るが、06/12(土)の稲村ヶ崎特別 (1000万下)も注目の一戦だろう。
葉牡丹賞(500万下)でマイネルチャールズを一蹴した後、屈腱炎から復調してきたミステリアスライトが、メンバーが揃った昇級戦で勝ちあがれるのか?

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2010-06-07 20:47 | 競馬 | Comments(0)