京都大賞典(G2)の有力メンバー

京都大賞典(G2)
昨年はテイエムプリキュアが飛ばしてオウケンブルースリ、スマートギアが外から豪快に差し切りワンツーフィニッシュ。さて今年のメンバーで鼻に立ちそうなのはドリームフライトかプロヴィナージュか、どちらが鼻に立つにしても昨年の様なハイペースには、なら無いだろう。
以前は1番人気馬が堂々の主役を張っていたが、ここ4年はポップロックが2着を確保したのみ、さて今年1番人気に成るであろうオウケンブルースリの着順は如何に?
そのオウケンブルースリは、JCの疲れが抜けきれずに10ヶ月ぶりの出走、体質的に使い減りするタイプの様だ。陣営の目標は昨年2着のJCと有馬記念か、ならばここは無理して勝ちにはこないと思われる。連下候補としたい。

・スマートギア
昨年の2着馬、夏2戦を戦うも不本意な結果、ここは勝ってG1戦線に踏み止まりた所だろう。頭候補

・フォゲッタブル
開幕週の馬場では割引

・プロヴィナージュ
早くから栗東入りは高評価だが、目標はエリザベス。それに内回り得意な馬だけに、外回りの2400mがネック。

・ベストメンバー
同コースの京都新聞杯(G2)勝ち馬、朝日チャレンジCを叩いて前進可能と診る。中団やや前目での競馬が出来ればだ。

・メイショウベルーガ
昨年の宝塚記念(G1)はこのメンバーの中で最先着の6着が光る。同距離の京都新春杯の勝ち馬だけに期待。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2010-10-07 20:58 | 競馬 | Comments(0)