ドバイワールドカップ!!

日本馬見事なワン・ツー、フイニッシュ!!
e0002676_8331197.jpg

サンケイスポーツ 3月27日(日)2時46分配信
【ドバイWC】日本に勇気!ヴィクトワールピサが優勝!
日本時間の27日未明に、メイダン競馬場で行われた世界最高賞金(1着600万ドル=約4億8000万円)のドバイワールドカップ(GI、AW2000メートル)は、M・デムーロ騎手騎乗のヴィクトワールピサ(牡4歳、栗東・角居勝彦厩舎)が優勝。2着にトランセンドが入り、世界最高峰のレースで日本馬がワンツーフィニッシュという快挙を成し遂げた。ブエナビスタは直線で行き場を失い、8着に終わった。

ドバイWC
ドバイWC勝利インタビュー

ドバイワールドカップのこれまでの日本馬最高着順は01年トゥザヴィクトリーの2着。アドマイヤドン、カネヒキリ、ヴァーミリアン、ホクトベガの悲劇等、日本を代表する名馬たちでも勝利を挙げることができなかった。しかし、ヴィクトワールピサはその大きな壁を乗り越え、勝利をものにした。
M・デムーロ騎手のインタビュー】
今日は日本人のために朝から祈っていました。
ドバイワールドカップを勝てるなんて信じられない。
日本を愛しています。
ありがとう。


レースはトランセンドが逃げ、ヴィクトワールピサは最後方からの展開。そして中盤からは有馬記念の再現を見るかのような、デムーロの果敢な競馬により早めに先頭に立つと、逃げるトランセンドを競り落とし優勝!
2着のトランセンドに騎乗した藤田も旨くペースを落とし、最高の騎乗だった。

東北には多くの馬産地も有り、福島競馬場の再開は目途が立たない状態。そして地震で被災に遭われた関係者、被害に遭った馬も相当数居るだろう。その中でこの快挙は一筋の光明と勇気を呉れたはないでしょうか。


M、デムーロ、市川オーナー、角居調教師、生産牧場、そして関係者の方々、おめでとうございます。!!

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2011-03-27 08:58 | 競馬 | Comments(0)