天皇賞(春)結果

朝ネットに繋いだら何とアクセス出来ない。どうも金土の強風で回線が切断された模様。慌ててNTTに電話し、来てもらったが復旧したのは16時、残念?ながら馬券は購入出来なかった。しかし今回の春天は頭がどれか判らず、結局買ったとしてもトゥザグローリーから入ったかも知れず、買えなくて良かったと思う事にした。
レースは、行くと思われたナムラクレセントが立ち遅れ、スローな展開。そのスローな展開に我慢できなかったゲシュタルト、コスモヘレノス、トゥザグローリーが、入れ替わり立ち代り鼻を奪うと云う、先行馬にとっては激しい展開になった。その中で、中団の前目インでジッと耐えていたヒルノダムールが、直線に入り先に行くナムラクレセント、マイネルキッツを捕らえて見事戴冠。2着は、外から強襲したエイシンフラッシュとなった。3着はやや出遅れたナムラクレセント。2周目の向こう上面から猛然とスパートさせた和田Jの、脚を余させない騎乗振りが光った。トゥザグローリーは福永J騎乗停止が痛かった模様。ローズキングダムはヤヤ重の長距離戦では分が悪かったし、馬も行きたがっていた。
8着ペルーサはヒルノダムールと同じ位置にいたが、コーナーを器用に回ったヒルノに対してペルーサは、外へ膨れてしまい、その差が響いた模様。
お終いにコスモメドウは道中故障を発生し、予後不良となった。ステイヤーとして大きく羽ばたくであろう馬だっただけに、残念無念の境地だ。

タイム3:20.6
ハロンタイム 13.2 - 11.7 - 12.9 - 13.0 - 13.4 - 12.5 - 12.9 - 12.6 - 13.9 - 12.6 - 12.0 - 12.2 - 11.7 - 11.4 - 12.1 - 12.5
コーナー通過順位
1コーナー 9,12-(11,8)18(1,6)4(2,15)3(7,5)(16,13)10-14,17
2コーナー 9,12,8,11(1,18)6(2,4)(15,3)7,5,16,13,10(14,17)
3コーナー(2周目) 3,8(9,12,4)17(2,11,6)(1,15,13)(7,5)(16,18,10)14
4コーナー(2周目) 3,8(9,12,4)-(2,6)(1,15,17,13)(7,11,5,10)14,16-18


今週は、NHKマイルC(G1)。このレースも一筋縄では行かないレースと為りそうだ。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2011-05-02 21:38 | 競馬 | Comments(2)

Commented by 大外強襲 at 2011-05-02 22:54 x
災難でしたね。
私は、武ちゃんに期待していたんですけど・・・
4角でこれなら?って思ったのもつかの間・・・
馬群にのまれて・・・3着がいなかった・・・
まぁ、こんなもんですね。
Commented by 不透明 at 2011-05-03 09:18 x
良かったのか、悪かったのか、微妙な気持ちでした。ブログを拝見させて頂きましたが、ここまで頭数を絞れ切れるのは凄いと思います。