札幌記念(G2)

何時の間にか御盆も過ぎて夏競馬も終盤に入った。
札幌記念(G2)
G1馬がレッドディザイア一頭だけという淋しいメンバーとなった。このメンバーならばレッドディザイアで決まりと行きたい所だが、海外遠征が多過ぎて状態不安が付きまとう。レッドディザイアが万全で無いのなら、トーセンジョーダンが勝ち馬1番手だろう。アクシオン、キングトップガン、ヤングアットハート、カリバーン辺りがどこまでやれるか。
ハイペースだったクイーンSの反動で、スローペースになれば高齢馬の出番も有る。
そのクイーンSはアスカトップレディに期待したが、ハイペースに飲み込まれ7着苦敗。このレースで先行して負けた馬は今後要チェックだろう。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2011-08-16 17:34 | 競馬 | Comments(0)