有馬終わった。俺も終わった。

有馬記念(G1)は逃げたく無かったアーネストリー佐藤哲が逃げて中盤14秒台が2回続く、違う意味で人馬共に我慢を強いられる厳しいレースとなった。その中でギリギリ我慢をしていたオルフェーヴルが、直線鮮やかに抜け出し完勝。◎ローズキングダムは後方の位置取り時点で負けを確信。当初はアーネストリー、考え直してローズキングダムと、まあ今年を象徴するようなダメダメ予想だった。
ブエナも、引退レースでもあるが、展開向かずで沈んだ。ヴィクトワールピサは、ドバイ遠征からの回復が遅れている模様。トーセンジョーダンはウィリアムズJが、中山内回りの馬場に対応しきれなかった感じだった。
年も代わるしダメダメ予想からの脱却を図りたい。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2011-12-27 18:31 | 競馬 | Comments(0)