チューリップ賞

昨日は一面の銀世界、交通も大混乱の1日だった。まだ寒い日が続いているが、競馬界は春のトライアルシーズンに入り、ひと足早い春の様相。
我家も三女が大学受験に合格してチョッピリ春模様といった所だ、卒業するまで4年間頑張らねば。
それはそうと中山記念は、絶好の逃げペースを演じたシルポートが2着に踏ん張った。そしてまさかの1、2番人気が惨敗。それにしても不甲斐ない。阪急杯はガルボ本命にしていたが、どうも違う気がして来たので、Sサンダー本命に切り替えて内枠の馬にワイド流しをしたが、勝ったのは最後まで取捨に悩んだMプロスパーにやられた。私の予想に春は来るのか?
チューリップ賞はジョワドヴィーヴルとジェンティルドンナの一騎打ちの様相。さて一泡吹かせる馬は居るのか?
弥生賞はアダムスピークが1番人気だろう。こちらは逆転出来そうな馬も居そうなので、ちょっと興味深い。
そして今週から中京競馬場が新装オープン。直線が長くなり、強いて言えば阪神を少し小型化した競馬場に見える。開幕週でも有るため、内枠の先行馬が有利か。いつかは現地観戦したいものだ。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2012-03-01 20:40 | 競馬 | Comments(0)