宝塚記念結果

宝塚記念
レースはお約束のシルポートのケレンミの無い逃げで始まった。シルポートはハイペースも2番手ダノンバラード以降は、馬場の所為もあって、ややスローなな展開だった。その中で思い切って先行策に打って出たゴールドシップは、前を行くジェンテルを終始マークする体制。それを見る形でフェノーメノが続く。ゴールドシップは直線に入り前を行くジャントル、ダノンを交わすと、後は後続を寄せ付けない一人旅の強い復活だった。そしてゴールドシップとの絆を取り戻した瞬間だった。無念なのはフェノーメノ、2着に残ったダノンバラードが終始内を走っていたのに、内枠を生かせず外を回しすぎた。それが最後の延びを無くした。それに春天で関西に遠征し、再度の遠征も微妙に影響したのかも知れない。
馬券は殆んど手を出さない、3連単フォーメーションを狙ったが、フェノーメノ4着、ダノン2着で大外しだった。

人気blogランキングへ

















人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2013-06-23 17:02 | 競馬 | Comments(0)