函館記念(G3)

巴賞組が成績を残しているが、今年の巴組が今一
ピンと来ない。ならば目黒記念で外枠から逃げて、中間も緩まない流れで厳しい競馬をした。コスモラピュタを本命に抜擢。逃げ馬だけに、同型馬の立ち回りが鍵、鳴尾で逃げたトウケイヘイローは、重量と先々を考えると抑える競馬をしてくるだろう。問題は矢作のモズ、矢作厩舎がアンコイルドを勝たせる為に、早いペースを演出してくれば、サトノギャラント、コスモネモシンの末脚が恐い。しかしここは、鞍上も大野騎手に替わり、鼻は譲らないと見た。2500mからの距離短縮で、持ち堪えられるだろう。
◎3 コスモラピュタ牡6 54.0 大野
○アスカクリチャン
▲アンコイルド
△コスモネモシン
印を付け加えると、
△サトノギャラント。
買い目は、◎〇のワイド流しです。


バーデンバーデンC(OP)
◎アンシェルブルー
○カラフルデイズ
▲マイネルエテルネル
△ツルマルレオン
アンシェルブルー前走福島民友カップで、9着と負けたのに斤量が1k増し。と言う事はメンバー的に今一揃い。ならば福島民友カップ15番枠から、前半32.5で飛ばし、負けたとはいえ0.6秒差、今回1枠で絶好の枠。他の逃げ馬はダート馬エーシンジェイワンで外枠、楽に先手を取り楽〃逃げ切りと見る。ただ土曜日最終の1200mで外差しが決まっているので、やや不安は有る。マイネルエテルネルは主戦騎手の柴田大を乗せてきたのは当然として、恐いのは関西厩舎が関東騎手を乗せた、〇▲△だろう。
◎からの馬連流しに、〇▲△の馬連ボックス
人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2013-07-14 11:01 | 競馬 | Comments(0)