UHB賞結果

レースはファインチョイスが鼻に立ち、前半3ハロン35、2のスローペース。2番手にメジロツボネが続き、3番手集団は内からボストンエンペラー、ケイアイアストン、シルクオフィサーが形成して、直後のインにストレイトガールが位置し、その斜め後方にシュプリームギフトという隊形でレースは推移して行った。4コーナーで隊列がグッと縮まり、直線に入るとファインチョイスが引き離しに掛かる。そのまま逃げ込みを図ろうとしたが、インを突いたストレイトガールが差し切り1着。ファインチョイスは2着惜敗。3着は3番手集団の直後を追走していたビウイッチアスが大外を回して確保。人気の一角シュプリームギフトは、ビウイッチアスの後ろから追い出して行ったが、直線余力無く9着大敗。馬体的に今一歩の感は有った。
レースレベルは同日の500万条件が1:10.6で、このレースが1.10.4とレベル的には低かった。
函館芝は、まだ内有利を鑑みると。外外を回されたシルクオフィサーに、次走期待したい。
後はダートに戻る条件でハッピーカオル。
最後にストレイトガールについて一言。
パドックを見ていたらボロを出す時に、普通の馬は歩く速度を緩めるか、立ち止まって出すのに、この馬は歩行スピードを緩めずに、そのまま正しくボロボロと出していった(笑)。ひょっとしたら神経が図太く大物かも知れない。
私の全くの私見ですので、詳細は分かりません。
人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2013-08-12 12:42 | 競馬 | Comments(0)