デイリー杯予想

予想の前に、先週の3連単的中で、念願の年間回収率100%越え。ここで競馬を止めれば2013年度は、悲願の100%越え達成だが、しかし止められないのが性(笑)。さてこのまま年末100%達成出来るか?
前置きが長くなりました。デイリー杯予想です。
桜花賞まではG1確定の雰囲気、ハープスターが勝った新潟2歳S(G3)が高レベルのレースだった。5着のマーブルカテドラルが芙蓉S1着、6着のマイネルメリエンダが野路菊賞3着、10着アポロスターズがカンナS(OP)1着。となると3着馬ピークトラムが、出走メンバーでは1枚抜けている。当然本命
◎ピークトラム
〇オースミチャド
姉がジュエルオブナイル、近親にnhkマイルカップ2着のツクバシンフォニーを持つ良血馬。
▲ライザン
前走緩い展開だったが、逃げて後半3ハロン33,5秒の末脚は魅力。再び岩田騎手で中団か、やや前で競馬しそうで、対抗に抜擢。
△アトム
負かしたライザンが次走で圧勝して、一躍人気馬に成りそうだが、ライザンは仕上げ途上だったと思う。その勝ったレースは中間13.3 - 13.4と緩んだ展開だったのが気になる。
△モズハツコイ
新潟2歳S8着馬。戦歴とクロフネ×バクシンオーを鑑みると距離が長いと思うが、開幕週の京都に、今回は追い込みに掛けて3着までとは思うが。

飛翼特別
直1000M。外枠、牝馬の大型馬(夏限定かも知れないが)、パワー血統、ダートで走っていた馬。
◎トーセンムンク
何と言っても人気薄(笑)。まず現級勝ち馬、前走休養明けに初の直1000M。それに単勝回収率最悪の中途半端な中間5枠。今回休養明け2戦目で外枠。ダートでも走っていた。1000Mに強い担保を持つ、名牝La Troienne のクロス有り。
相手はLa Troienneのクロスを持つ馬を中心に、狙っていきます。
〇トーセンファースト
前走休養明け
▲イッセキニチョウ
前走休養明け
△ジャパンイモン
La Troienneのクロス持ちでは無いが、前走休養明けで昇級初戦、種市特別(500万下)で0.4秒差の8着。上位に来た馬のその後を検索すると、次走でそこそこ健闘している。意外と骨っぽいメンバー構成だったかも知れない。
△エンプレスラブ
前走重馬場で前半3ハロン33.9の脚力で人気しているが、夏4戦と使われて疲労が心配。初の直1000Mも懸念材料。切っても良いかと思うが、人気薄から入ったので押さえに。
◎単複、馬連ワイド
ちょっと、やっつけ予想ですが。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2013-10-05 09:22 | 競馬 | Comments(0)