ジェンティル負けて強し?

競馬ナンデに投稿して、遂こちらのブログへの投稿はお座なりになってしまった。
天皇賞は、一応ジャスタウェイとジェンティルの馬単・馬連獲れました。
回顧
上位馬中心に回顧します。
勝ちタイム1:57.5
前半3ハロン35.0
後半3ハロン35.3
前半5ハロン58.4
1着ジャスタウェイ
トウケイヘイローが注文通り逃げて、淀み無いラップを刻み、オマケにジェンティルドンナがトウケイヘイローをマークする展開で、ジャスタウェイ福永Jにとって絶好の展開となった。後出しジャンケン騎乗はまる。

2着ジェンティルドンナ
推測だが、おそらく岩田Jは4番手付近の内で競馬をしたかったのではないか。しかし思いの外ジェンティルドンナが行きたがり、トウケイヘーローをつつく展開となった。しかしそこは昨年の年度代表馬、このペースで2着に残る。JCに出走するのだろうが、この行きたがる気性が、ペースが緩む2400mに危うさを感じる。

3着エイシンフラッシュ
M.デムーロ、外へ出すスペースも有ったのに内にこだわり過ぎた。府中は内を通過してても、4コーナー付近で外に出すのがセオリーだろう。名手も焦ったか。

4着アンコイルド
内、外回りでも器用にこなす馬。ただその分爆発力が無い。このまま善戦マンで終わるのか?

5着コディーノ
1800mまでの馬だろう。2000mならばスローな流れでないと厳しい。

10着トウケイヘイロー
1000m~1400mを11.9秒と言う絶妙のラップを刻んだが、何せ外からジェンティルドンナに、プレッシャーを掛けられる展開では、直線余力が残っていなかった。豊は、内心オイ岩田なんて事するんだと、道中思ったのではないだろうか(笑)
最後に、掲示板に乗れなかった。
オーシャンブルー、ダノンバラード、ヴェルデグリーン、ダイワファルコンの皆様、中山でお待ちしております。
人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2013-10-27 20:59 | 競馬 | Comments(0)