マイルCS予想

層が、すっかり薄くなったマイル路線。それを象徴するように、ここ数年2000、1800mからの距離短縮組が好結果を残している。それはG1特有のハイペースになり、2000mのスタミナが勝利に導いているのだろう。
しかし、今年は違う。まず逃げるのがKリチャードならば、例年のようにハイペースには為らないだろう。そこで浮上するのは、◎カレンブラックヒル。京都で開催されたマイラーズCが、ハイペースを3番手で追走して、直線はアッサリ抜け出して勝つかの勢いだったが、前走ダートG1を使った反動と、58kの斤量頭で4着と惜敗。使い減りしそうな馬だけに、休養明けが勝負だろう。ハイペースだった安田記念の大敗で、人気落ちも好都合だ。
一応、前予想なのでここまでにしておきます。
と、書いていたが。

カレンブラックヒル陣営の談話が頼り無いのと、調教が今一で、抑え評価に落とす。
レースのペースが、昨年の様な感じに成りそうなので、昨年の上位馬を重視します。
◎ダムパテック
ここに来て復調気配、Cコースに変わり内枠も有利だ。
〇ダイワマッジョーレ
前走スワンS2着、京都は新馬戦に使って以来で、いきなり2着に来たのは、京都コース大得意の現われだろう。
▲クラレント
毎日王冠のメンバーを考えたら、軽くは扱えない。
△ドウブナルー
昨年のマイルCSは不利な17番枠から3着と結果を出した。今回10番枠で前進可能だ。調教も良し。ただ馬格が無いので、勝ちきるまでは難しいか。
△コパノリチャード
スローに落とし、絡まれずに競馬出きれば、あっと言わせる結果も有るかも。
△ダノンシャーク
今一信用が出来ない面も有るので、押さえまで。
△カレンブラックヒル
岩田騎乗でどこまでやれるか。
◎馬連
配当的には、△ドウブナルーに期待している。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2013-11-17 09:06 | 競馬 | Comments(0)