阪急杯結果

レースはKリチャードが注文通り逃げて、前半33.8秒、中間11.1秒のハイペースを演出。
結局勝ったのは、そのまま逃げたKリチャード。馬主Drコパ氏には嬉しい続けての重賞2勝となった。風水にあやかりたい物である。
1着Kリチャード
ハイペースを演出してそのまま逃げ切る強い競馬。1200m重賞でも好勝負するだろう。ハクサンムーンもウカウカ出来なくなった。
2着サンカルロ
いつもどおりの後方待機がハマリ、直線内ラチ沿いをこじ開け2着。坂の有るコースは強い。
3着レッドオーバル
中団に構えて、直線2番手に抜け出したが、内を通ったサンカルロに交わされる。
4着◎ガルボ
勝ち馬の2番手追走して4着ならば、まだ力は衰えていない。しかしこの激走が7歳馬には、今後どう出るか?反動が怖いところだ。
5着エピセアローム
先行して5着。軽い馬場ならば、今後も活躍するかも。
以下印打った馬
〇マヤノリュウジン
2ヶ月強の休養明けで、このペースでは出番が無かった。
△バーバラ
この相手では荷が重かった。穴狙いすぎた。
△プリムラブルガリス
ハイペースに付いていけず後方から追い込んで7着。1400mは忙しいか。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2014-03-02 21:25 | 競馬 | Comments(0)