福島牝馬S

G1ウィークの隙間開催。テンションも上がらないが、難解な福島に挑戦。
福島牝馬S
先行馬が揃って流れが差し追い込み馬の流れと診て、キャトル、アロマに人気が集まっているが、先行馬に騎乗する騎手も、そこは読んでいるだろう。となると案外ペースは落ち着くと読む。
◎ケイアイエレガント
中山牝馬S外から先行して2着に踏ん張る。直線平坦馬場で、もう一分張り期待。
〇サトノジュピター
府中で有力馬の騎乗が無かったかも知れないが、戸崎が引き続き騎乗で、期待の現われと診た。
▲セキショウ
叩き2戦目に期待
△クラウンロゼ
3歳時は、OP,重賞と勝っていた馬。ここまで人気落ちならば。この所負けてはいるが全て1秒差以内で、立ち回り次第では食い込む余地有りと思う。
△トーセンアルニカ
サドラーのクロスで内回りで狙う。
馬連BOX
人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2014-04-25 20:49 | 競馬 | Comments(0)