競馬2005年3月編、その前に

競馬2005年3月編に行く前に、残念なニュースを1つ、
聖徳太子ゆかりの四天王寺(大阪市)を建立し、日本最古の会社とされる金剛組が高松組に吸収されるとの事、1400年の歴史があったとか、ここまで長いと文化財級の会社ですね、なんとか名前を残して欲しかった。
競馬2005年3月編行きます。
東西でG1へのステツプレース開幕
若駒S をぶっち切りで勝ったディープインパクトが弥生賞に出走し、ゴール前アドマイヤジャパン にクビ差で勝ち、3冠への期待をふくらませました。
阪神大賞典は10頭たてという、淋しいメンバーでしたが6番人気のマイソールサウンド が勝ちました。ここはリンカーン3着で負け
そしてG1初戦の高松宮記念 、勝ち馬はアドマイヤマックス 、ここで私が狙ったのは確かタマモホットプレイ だったような気がします。もちろん爆沈
1、2、3月と馬の飼い葉代を支払い続けました(こう思うとあまり悔しくない?)。
ここで阪神牝馬S(G2)の出走表記載
アドマイヤグルーヴ 牝5 57.0 武豊 橋田満

オースミコスモ 牝6 56.0 上村洋行 中尾正

コスモヴァレンチ 牝3 54.0 武幸四郎 加用正

シンコールビー 牝5 55.0 藤岡佑介 湯窪幸雄

スナークスズラン 牝6 55.0 安藤光彰 佐藤吉勝

チアフルスマイル 牝5 55.0 藤田伸二 池江泰郎

マイネサマンサ 牝5 55.0 安藤勝己 中村均

マルターズヒート 牝4 55.0 秋山真一 坂口正則

ライラプス 牝3 54.0 松永幹夫 松田国英

ラインクラフト 牝3 56.0 福永祐一 瀬戸口勉

レクレドール 牝4 55.0 ペリエ 池江泰郎


ここはラインクラフトとアドマイヤグルーヴの一騎打ちの様相、レクレドール のペリエがどうか、少頭数で買う気が失せています。CBC賞(G2)かフェアリーS(G3)へ行くか


[PR]

by krik1954 | 2005-12-15 20:14 | 競馬 | Comments(0)