函館記念結果

函館記念結果
レースはゼロスが逃げると読んでいたが、Tパラダイス柴山Jが鼻を奪い、そのまま逃げる展開。前3ハロンこそペースは緩かったが、中盤は11秒台が2回続くハイペースとなった。こうなれば、先行勢はたまった物ではない、案の定、前に行ったグランデッツア、バウンスシャッセは撃沈。まあその両馬は来ないだろうと読んではいたが、グランデは外回りが良い馬、バウンスは3歳で休養明けだった。読みを間違えたのは、馬場差。まだまだ内が有利な馬場を読みきれず、大外枠Aタイシを対抗にした事だ。Aタイシ騎乗の岩田も大外枠から4番手の位置を巧く獲りに行ったが、早いペースが仇に為り最後は沈んでしまった。◎ラブイズは後方からの競馬が結果として良かったが、早めに仕掛けて大外を回して完勝、鞍上の判断に馬も強かった。アンコイルドは直線前が詰まり追えずに敗退。次見直したい。2着Dシャドウ。流石は実績馬だ結果をだした。パドックで良く見えたので、ワイドで少々流したが、流した相手が全然駄目。3着はステラウィンド、直線追い出しが遅れたのが痛かった。洋芝ならば今後も好走するだろう。
バーデンバーデンは、コウヨウアレスが踏ん張り効かず大敗。逃げた馬が3着に残り、この馬は大敗。底力が無いのか?しかし勝ったマヤノリュウジン、横ノリ、どこを回しとるんじゃ、と言うトンでもない外を回して快勝。この男変態だな(笑)
夏競馬はまだまだ続く。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2014-07-20 21:06 | 競馬 | Comments(0)