紫苑S予想

紫苑S
今年は舞台を移して新潟外回り。当然問われる脚質は中山とは違う。と頭に入れつつ、3歳牝馬の2000mとなれば、スロー必至。
◎ヘイジームーン
余りにも後ろからだと恐いが、スローの切れ味勝負ならば、人気のショウナンパンドラにも勝っているし、信頼。母父がヘクタープロテクターと如何にもトライアル血統である。
〇レーヴデトワール
母レーヴドスカー。これだけで外回り長い直線では狙いたい。
前走休み明け+14k、前崩れの展開を3番手から5着に踏ん張る。確かに49kと斤量も軽かったが、休養明けと相殺としてみる。人気も無いし逃げて前残り期待。
▲デルフィーノ
春は新馬戦、若竹賞と使った後大きく馬体重を減らし、休養を取ったのは正解だろう。使い減りする馬ならば、ポン駆け効きそうで狙い所。
△バウンスシャッセ
函館記念は敷居が高かった。先行魅力。
△ショウナンパンドラ
春の成績を見ると、ここで1番人気なるほど強いのか疑問。岩田も新潟で1番人気を飛ばしているのも不安。しかし切れない。貧乏性?
△ホワイトマニュキア
前走休み明け+14k、前崩れの展開を3番手から5着に踏ん張る。確かに49kと斤量も軽かったが、休養明けと相殺としてみる。人気も無いし逃げて前残り期待。
◎馬連、〇レーヴと▲デルフィーノからもチョロッと流したい。
人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2014-09-12 22:08 | 競馬 | Comments(0)