チャンピオンズC

金鯱賞、大外れ。良くここまで外すもんだアッパレ(涙)
チャンピオンズC
◎グレープブランデー
今年4戦しか使っていない(使えなかった?)新鮮さ。武蔵野Sは前半1000mを58.1秒のハイペースを58kの斤量ながら4~3番手追走で3着に踏ん張り、復活の気配。調教師はダート馬育成は定評有る安田師。母系にはG1で頼りになるリボー持ちだ。そしてこれはオカルトだが、NHKの人気朝ドラは?そうニッカウヰスキーの創業者の物語。この馬にはブランデーの冠。これ来るんじゃないか!?
〇コパノリッキー
JBCの結果を見ると、まあ馬券内は外さないだろう。揉まれない外枠も良し。何故◎を打たないのか?フェブラリーで無印にした馬に本命打つのも、どうかと言うだけ。
▲ホッコータルマエ
ドバイ遠征の疲れが取れていれば、アッサリ勝つかも。
△ワンダーアキュート
まだまだ衰え知らず。ゴール前延びて来るシーンが目に浮かぶ。
人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2014-12-06 18:17 | 競馬 | Comments(0)