朝日杯

阪神JFでは穴馬はいないと書いて、後で穴馬を付け足す体たらく。我ながら情け無い。

過去栗東遠征で結果を出した関東調教師が再び狙ってきた。
◎ダノンプラチナム
同日のキャピタルSよりも前半5ハロンを早いペースで先行して1着。そしてディープ産駒ただ一頭で信用しよう。
〇ブラックエンブレム
もう少し内枠ならばこの馬が本命だった。休養明けは札幌2歳Sでも結果を出したので問題無しと見る。
▲クラリティスカイ
関東遠征してアッサリ勝つなど精神力が強いのは魅力。前走のパフォーマンスを見れば軽くは扱えない。
△ケツァルテナンゴ
パンパンの良馬場ならばお客さんだろうが、今の馬場ならば3着位は来てもおかしくない。前走は休養明けにレース中は掛かり、おまけに前の馬が下がってきて競馬に為らず。
△アッシュゴールド
外す度胸は無い(笑)
△ナヴィオン
成長が緩やかなハーツクライ産駒だが、ノーザンダンサーをクロスすると仕上がり早い馬になる(望田氏参考)新潟2歳Sでは2番人気だった馬。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2014-12-20 18:37 | 競馬 | Comments(0)