本などの事をちょっと

私が今年もっとも読んだ作家NO1は(文庫本ばかりです)
重松清
ライオン先生、きよしこ、口笛をふいて、流星ワゴン、疾走、トワイライト(読書中)、ビタミンF(ただいま積読本)、
結構重いテーマもあって読み進めるのが辛い本も有り、もうやめようと思っても、書店に並べてあるとつい手に取ってしまう。

番外編
直木賞につられて手にした石田衣良「14」、危うい思春期の中学生達、自転車で冒険に向かうがその目的地は…、読み進んでいく内にスタンド・バイ・ミーが頭に浮かんできました。しかし私の育った時代、環境とも違いすぎるので感情移入が出来ず、ちょっと戸惑いました。読後感?何にも考えずに野山を駆け回っていた、私の子供時代の方が幸せだったような、1話1話区切ってあるので通勤読本には良し。


[PR]

by krik1954 | 2005-12-29 09:41 | 日記 | Comments(0)