ダービー卿CT(G3)

ハーツクライ、欧州競馬最高峰レースの一つとされている、7月のキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス(舌を噛みそうに長い)に出走するのか、天皇賞は4月下旬で、と言う事は天皇賞は?、ディープとの対決はあるのか?

ところで高松宮記念(G1)は短距離馬のレベルの低さにガッカリでした。1,200mのG1なんているのかと思うこのごろです。


さて今週はダービー卿CT(G3) 大阪杯(G2)あたりに絞って見ていくとするか
中山 ダービー卿チャレンジT(G3)
東風S組からは
インセンティブガイ牡5 57.0
ここに来て安定してきている、主力の1頭でしょう。
キングストレイル牡4 56.0
一冬越して逞しくなった模様、2000mまでなら勝負になりそう
グレイトジャーニー牡5 56.0
重賞になると今一つ勝ちきれないが、今回はどうか
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
キネティクス牡7 55.0
寒いのは嫌いか?暖かくなって巻き返せるか
コスモシンドラー牡4 55.0
宮杯をスルーしてこちらへ出走か、勝負気配
コンゴウリキシオー 牡4 55.0
初のマイルで変わり身あるか、
サンバレンティン牡4 53.0
中山の坂をこなせば、あわやの場面も
ダンスインザモア 牡4 56.0
中山スプリングS(G2)では1着も、ハンデ見込まれて苦しいか
テレグノシス 牡7 58.5
休養明け、ハンデ頭、中山勝ち星無しの3重苦では厳しいか
トールハンマー 牡6 54.0
ここ2年勝ち馬とは全て1秒差以内の堅実馬、久し振りのマイルで変わるか
ニシノシタン 牡6 55.0
絞れていれば、1発もあると思うが
ニューベリー 牡8 57.0
好調の音無厩舎、不気味ではある
マイネルハーティー 牡4 55.0
中山ニュージーランドT(G2) 1着馬、約2ヶ月休養明けで変わり身あるか
メテオバースト 牡5 55.0
中山アクアマリンS(1600万下) 57.5kで1着、横山とは相性良さそうで
ロードマジェスティ 牡4 54.0
重賞の流れに付いていけない様な気がする



[PR]

by krik1954 | 2006-03-27 20:21 | 競馬 | Comments(0)