安田記念注目馬

春のメーンイベント日本ダービーも終わりG1も終盤戦へ突入、一種の虚脱感も有りますが安田記念へ向かいたいと思います。
その安田記念もヴィクトリアマイル(G1)のおかげで牝馬の参戦がムード1頭とは淋しい限りです。
安田記念注目馬
アサクサデンエン・藤田騎手、香港マイル(G1)、ドバイデューティーF(G1)と海外遠征帰りが気がかり、いくらポン駆けが効くとは言へ疲れはあるはず、人気次第では見送りも

インセンティブガイ・横山典騎手、この馬は脚の使い所が難しそうな馬です、横山騎手がそろそろ何とかしそうな予感も有るが

エイシンドーバー・蛯名騎手 、G3で健闘しているが、初の斤量58kは割引で見送りたい

オレハマッテルゼ・柴田騎手、京王杯スプリングC(G2)の競馬を見ると1、2番人気か、逃げたい馬が居るので11月東京キャピタルS(武豊騎上)の競馬が出来れば勝ち負け、柴田騎手同期の石橋守騎手がダービージョッキーになったのでウカウカして居られない。

カンパニー・内田騎手 、時計掛かれば複勝圏内、鞍上も内田騎手で頼れる

グレイトジャーニー・佐藤哲騎手 、東京で勝ち星がないのは気がかりだが、ダービー卿チャレンジ(G3)1着は評価したい。

シンボリグラン・柴山騎手、近3走1番人気を裏切る内容、ここで大きく人気落ちする様なら狙い一考

ダイワメジャー・安藤勝騎手、今のところ先行有利の東京芝と鞍上も2戦目で勝ち負け

ダンスインザムード・北村騎手、ヴィクトリアマイル(G1)1着も北村の好騎乗も有った、今回も旨く行くか疑問それに56k以上では勝ち星が無いのも不安材料

テレグノシス・武豊騎手、皐月、オークス、ダービーでは見せ場なく終わった鞍上怖いですね、それにこの馬も後が無いので陣営の渾身の仕上げに注意

ハットトリック・岩田騎手、マイルチャンピオンS(G1)1着は評価したい、香港マイル(G1)帰りの中山記念(G2)で11着と大敗、今回もドバイ帰りの1戦目、陣営も同じ轍は踏まないと思うが

バランスオブゲーム・田中勝騎手、中山記念(G2)では逃げて1着、再度逃げを打つのか?そうなると同型馬多く苦戦か

メイショウボーラー・福永騎手?、久々の芝では厳しいか

ローエングリン・四位騎手、年齢的にもG1では限界が見えた

フジサイレンス・江田騎手、G1では敷居が高い

以下外国
ブリッシュラック(セン7歳)香港
、2005年G1安田記念4着、要注意
ジョイフルウィナー(セン6歳)香港、要注意
ザデューク(セン7歳)香港、格下か



[PR]

by krik1954 | 2006-05-29 17:08 | 競馬 | Comments(0)