皐月賞(G1)その②

皐月賞(G1)予習後半
ドリームジャーニー 牡3 57.0 池江泰寿
ご存知朝日杯FS勝ち馬、ただ他の馬も成長してきているのと、血統的に母系の後押しも弱そうで連下までか

ナムラマース 牡3 57.0 福島信晴
新馬戦以外は全て3着以内、しかし中山を経験していないのは多少割引か、中山のコースで馬群を捌けるのかと言う懸念も有る。3連複ならば狙えるが

ニュービギニング 牡3 57.0 池江泰郎
この馬は先行して持ち味が活きそうです。先行して乱ペースになれば、四位Jの奮起 が不気味
勝ちきるまでは厳しいいが連下注意

フサイチホウオー 牡3 57.0 松田国英
さてこの馬、父ジャングルポケットが中山では勝てなかっただけにそこが気になる所、思い切って切るかそれとも・・・・休憩

フライングアップル 牡3 57.0 藤沢和雄
思い切った後方待機でどこまでやれるか、ノリだけに注意は必要

マイネルシーガル 牡3 57.0 国枝栄
やはり気になるのは喉鳴り、それに2千mのG1では距離的に辛いか

メイショウレガーロ 牡3 57.0 小島太
G1では力不足の感

モチ 牡3 57.0 田中章博
うーん厳しいか

ローレルゲレイロ 牡3 57.0 昆貢
藤田Jが乗るだけに不気味ですね、母父テンビーだけに確かに2千Mは厳しい。でも押さえて置きたい。

連下候補は手に余る位居るが、強力にプッシュ出来る勝ち馬は・・・・続く

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2007-04-10 21:09 | 競馬 | Comments(0)