武豊降ろされる

オークス週ですが、ダービーに出走のアドマイヤオーラから武豊降ろされてしまいました。一例ですがニュービギニングの騎乗振りを見ていると、余りにもカッコ付けた溜め殺し競馬には、ちょっと違うんでは無いかと考えていましたので、当然かなと言う気もします。捨てる神有れば拾う神ありでダービーにはタスカータソルテに騎乗するようです。誰が乗っても勝てる馬だった、ディープインパクト(今更ですが、先行しての横綱競馬で勝って欲しかった馬)の事は早く忘れて、初心に帰って貰いたいですね。

ソルテを袖にして、オーラに騎乗する岩田も相当のプレッシャーだろう。しかしここで結果を出せば一皮剥ける、ウォッカ参戦に、このドラマで今年のダービーは盛り上がりそうです。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2007-05-16 21:19 | 競馬 | Comments(2)

Commented by dgpz at 2007-05-16 22:49
オーラおろされてしまいましたね。
武はどうも、ディープのせいで競馬が下手になってしまった感じですね。
大外一気の競馬ばかりもいいですが、大昔のころを思い出して、先行逃げ切りとかでがんばってもらいたいですね。
昔の武は前で粘る!競馬だったはず。
サンデーがいなくなってからは、瞬発勝負できる馬は少なくなってしまいました。
そう考えると、すごい種牡馬だったんですね。
Commented by 不透明 at 2007-05-17 20:12 x
普通ならば騎乗停止を喰らう競馬をしても、お目こぼしを貰い、少し甘やかされた感じに見えていました。これを期に安勝騎手の様なギラギラした騎乗を取り戻して欲しいですね。