私がG1で◎を打った馬その②

優駿牝馬(G1)
トウカイオスカー、ラブカーナ、ザレマの馬連、ワイドボックス
結果トウカイオスカー9着、ラブカーナ3着、ザレマ10着
最早印を付けるのも忘れる、体たらく。そして困った時の、武豊頼みに安易に走り、又もやチグハグな買い目。ただただ福永の手綱捌きに恐れ入るばかりでした。理性が残っていたのか3連複に行かなかったのが、せめてもの救い?

東京優駿(G1)
1度は購入馬を決定するも、取り消すと言う暗中模索状態。ここの時点で敗戦は決まっていたか。
結局◎フサイチホウホウ、ドリームジャーニー軸の3連複
結果フサイチホウオー 7着、ドリームジャーニー5着
敗戦続きで良く考えもせず、世評の評判馬フサイチホウオーに乗り惨敗。アサクサキングスを買い足すも、フサイチホウオーとの馬連ワイドでアウト。モヤモヤ感一杯。

安田記念
惨敗続きの私に、更に難解な安田記念を的中できる余力は残っていませんでした。

◎エアシェイディ〇ダイワメジャー軸の3連複
結果エアシェイディ16着、ダイワメジャー1着
類は類を呼ぶと言いますが、正しくその通りですね、不振の私が選んだのは、G1で不振続きのノリ、私の今シーズンを象徴するような結果でした。

※敗戦で見えてきた物
・過剰な欲は感を狂せる。

・予習段階では良いセン行ってたものの、世評の評判馬に躍らされた感が有ります。やはり自分の信じた馬を初志貫徹で行くべきですね、それと1度◎を打った馬は次も狙うことが大事、これを踏まえて宝塚に向います。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2007-06-05 21:19 | 競馬 | Comments(0)