宝塚記念紆余曲折

昨日土曜日は結局阪神11RグリーンSのシゲルドントイケの複勝が的中したのみ、それもペガサスファイトの斜行降着により繰り上がりの3着、金運ガタ落ちかどうなのか微妙なところです。
先週2200m芝に引き続きこのレースもレコード決着、相当芝を刈り込んでいるようです。

函館は流石に藤田J先週の疲れか不発気味でした。

宝塚記念
どうも雨が結構降りそうですね、芝状態ヤヤ重~重と予想します。
ここは今春G1で不運?続きの両巨頭の巻き返しに賭けます。
◎ポップロック 牡6 58.0 武豊
目黒の疲れがどうかと思いましたが、調教本数を見る限り心配は無さそうです。時計掛かる馬場になれば、この馬には追い風

〇ダイワメジャー 牡6 58.0 安藤勝己
種牡馬としての価値を高める為にも、ここは少なくとも3着以内は確保して、オールラウンダーを証明したい所です。

▲メイショウサムソン 牡4 58.0 石橋守
データで行けばこの馬なんですが今回私の五感に響くものが今一つ、春天の勢い持続ならば逆転まで

△ウオッカ 牝3 51.0 四位洋文
評価落としました。3歳牝馬に勝たれては古馬陣も形無し、古馬陣の巧妙な?包囲網に末脚不発の懸念、それに1番人気では◎は打ち辛い

△アドマイヤムーン 牡4 58.0 岩田康誠
出来の良さは一番か?

△カワカミプリンセス 牝4 56.0 武幸四郎
力がいる馬場になれば

△インティライミ 牡5 58.0 佐藤哲三
ダービー2着時に戻った?

◎〇軸の3連複

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2007-06-24 08:34 | 競馬 | Comments(0)