神戸新聞杯(G2)

今日は地区の文化委員の集まりで、今帰って来た所です。競馬の検討も中途半端な物になりますが、悪しからず。

神戸新聞杯(G2)
近年は歴史に名を残す名馬達が秋初戦をここで向えますね、今年の牡馬はダービーで牝馬に負ける体たらく、ここを足懸かりに牡馬の根性を見せて欲しいものです。

傾向は
阪神のコースも変わり、距離も2,400mに延長、距離が変わってもやはり主役を張るのは、春のG1に出走した馬達でしょう。と思うのは早計か?今年はレベル的にも夏の昇り馬にも注意したい所です。

春のG1組で一応抽出するならば
ヴィクトリー 牡3 56.0 音無秀孝     皐月 1着、ダービー9着
アサクサキングス 牡3 56.0 大久保龍  皐月7着、NHKマ11着、ダービー2着
ドリームジャーニー 牡3 56.0 池江泰寿 皐月8着、ダービー5着
フサイチホウオー 牡3 56.0 松田国英  皐月3着、ダービー7着
タスカータソルテ 牡3 56.0 藤原英昭  ダービー11着
ヒラボクロイヤル 牡3 56.0 大久保龍  ダービー16着
位でしょうか。
明日は夏の昇り馬を検討していきます。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2007-09-19 21:39 | 競馬 | Comments(0)