毎日王冠(G2)

両横綱メジャー、リキシオーを脅かす馬は?
アグネスアーク 牡4 57.0 吉田隼人 河内洋
怪我をしたのか3歳時を棒に振るも、明け4歳になるとイキナリ準OPまで登り詰めた素質は侮れない、その準OPでは今回人気するであろうエイシンデピュティを負かしている。後は兎に角馬体重次第、

エイシンデピュティ 牡5 57.0 田中勝春
春から初夏にかけて一気に重賞獲り、ポン駆け実績も充分、後は開幕週の早い馬場に適応出来るかどうかだけ。

トップガンジョー 牡5 57.0 蛯名正義
鞍上固定出来たかと思ったが、又も乗り替わり。今回逃げ馬が揃い昨年の新潟記念の様に、後方待機が理想の競馬か、鞍上も出遅れ得意?の蛯名で手は合っているとは思うが、折り合い付くのかが微妙、骨折明けでも有り一気に勝ちきるまでは難しいか。

ブライトトゥモロー 牡5 57.0 後藤浩輝
関西厩舎が関東騎手に騎乗依頼で勝負気配がプンプン匂う。後藤もトップガンを乗り捨てたからには格好を付けたい所、怖いのは鞍上の空回りだけ。

以下少し離されて、まあ3着穴候補位か
カンファーベスト 牡8 57.0 江田照男
休養明け3戦目で走りごろ、鞍上も穴男江田で3連複勝負ならば、買い目には加えたい。

ピサノパテック 牡5 57.0 北村宏司
東京芝では末脚切れる。今回テンが早くなりそうで、この馬には展開向きそうだ、ただ藤沢厩舎で異常人気しそうなのが、買う気を萎ませる。

ストーミーカフェ 牡5 57.0 中舘英二
コンビがハマリ過ぎています。リキシオーが控えるか、まさかの出遅れで単騎になれば、ちょっぴり幸運もと書いておこう。

最後に1着馬の傾向は、前走のレースをG1で戦った馬です。特に宝塚記念組

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2007-10-04 20:30 | 競馬 | Comments(0)