アルゼンチン共和国杯斤量決定

と言う事でデータに当てはめてみます。
・負担重量、56k、57.5k組強し
トウカイトリック 牡5 57.5
ネヴァブション 牡4 57.5
ハイアーゲーム 牡6 56.0

・前走との負担重量差別の成績
0.5キロ増 、0.5キロ減 組強し。後は2~2.5キロ減 辺りか

0.5キロ増 、該当馬無し

0.5キロ減
トウカイトリック 牡5 57.5
ネヴァブション 牡4 57.5

2~2.5キロ減
ダークメッセージ 牡4 55.0
リキアイサイレンス 牡6 52.0

・間隔別成績
中3週が断然強い、と言うかここ4年は京都大賞典(G2)組が1着
トウショウナイト 牡6 58.0
マキハタサイボーグ セ5 53.0
ハイアーゲーム 牡6 56.0

中3週
カゼノコウテイ 牡4 52.0
リキアイサイレンス 牡6 52.0
メジロトンキニーズ 牝5 50.0

中1週 にも少し注意か、
ダークメッセージ 牡4 55.0

・前走の距離別の成績
2300m~2400m組強し
トウショウナイト 牡6 58.0
マキハタサイボーグ セ5 53.0
ハイアーゲーム 牡6 56.0
ダンスアジョイ 牡6 54.0

1700m~1800m に注意
ヤマニンアラバスタ 牝6 54.0

2500m 不振
2600m以上不振
リキアイサイレンス 牡6 52.0
メジロトンキニーズ 牝5 50.0

ざっと見てきましたが、データ的には
ネヴァブション 牡4 57.5 が中心でしょうが、万全の信頼と言うには疑問符

気になる馬
比較的減点材料が無い、ハイアーゲーム 牡6 56.0が藤田J起用で面白そうか
マキハタサイボーグ セ5 53.0 、京典で先行して勝ち馬に0.7秒差と踏ん張った

その他気になる馬は
アドマイヤジュピタ 牡4 54.0
先行脚質が魅力
カゼノコウテイ 牡4 52.0
末脚魅力
コスモプロデュース 牡5 53.0
府中芝得意
ダークメッセージ 牡4 55.0
佐藤哲Jで巻き返し不気味
リキアイサイレンス 牡6 52.0
前走2600mだけが引っ掛かりますが、連下ならば

トウショウナイト 牡6は 58.0kが気になるので取捨微妙
トウカイトリック 牡5 57.5 は斤量から見ると良いんですが、宝塚以来と言うのが気になります。

もうちょっと検討の余地有りですね、しかしデータ収集は疲れる、性に合わないかもです。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2007-10-30 20:58 | 競馬 | Comments(2)

Commented by umajirusi at 2007-10-30 23:24
 過去10年の結果を見ますと、基本的には差し・追い込み馬が上位を占めるレースとなっていますね。間に1度中山開催を挟みましたが、先行馬同士で決まったレースはたったの2レース。それも、片方は1997年の8頭立てレースですから、果たして先行馬同士と言えるかどうか(笑)
 他方は2000年のレースで1着マチカネキンノホシ・2着メジロロンザン・3着サンデーセイラとなっていて、1番人気はアドマイヤボス・2番人気ロードプラチナムでした。
 ところで、馬券になった(1~3着)馬10年分30頭を見てみますと、全てでは無いにせよ、大半がやはりステイヤーであり、2200以上で切れる脚を発揮した馬が来ているように思えます。
 過去に2300・2400・2500・2600以上で追い込んで勝利又は連対した軽量馬を探すことが穴馬探しの基本かなぁと考えているところです。
Commented by 不透明 at 2007-10-31 18:27 x
umajirusiさん、先週に引き続きサポート有難うございます。「2200以上で切れる脚を発揮した馬」で人気薄の軽量馬を探せば高配ゲットですね、頑張って見つけたいです。