遅まきながら武豊3,000勝

勝負に負けていると余裕が無くなります。
武豊3,000勝、おめでとうございます。
3,000勝目をあっさり1R目で決めるとは武らしいと言えばらしいですね。馬へのアタリの柔らかさ、ペースを的確に読む判断力が、優れている等言われていますが、他の騎手とどこがどう違うのか、素人競馬ファンには理路整然とした答が分かりません。まあ天才を凡人の頭で理解しようとするのに無理が有るのかも知れませんね。余談としてペリエがお祝いに持参した酒「武燦然」競馬ファンに売れるだろうな、と書いたがラベルだけ変えた様ですね、早とちりでした。
10R 京洛S(1600万下)
◎クールシャローン 牝3 54.0 長谷川浩、複勝
3歳牝馬がここまで強いのならば、この馬もやれるのではないか? 前走準OP初挑戦も馬場渋りに鞍上弱化?でも6着と踏ん張っている。今回鞍上替わり期待したい。

福島2歳S(オープン)
◎レオマイスター 牡2 55.0 木幡初広、複勝
厩舎が売り出し中の古賀慎厩舎、時計が掛かる福島の馬場も合いそうです。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2007-11-04 09:50 | 競馬 | Comments(0)