3歳牡馬戦線混迷

昨年の3歳牡馬G1戦線は主役不在の競馬界でしたが、今年も百花繚乱と言えば、聞こえは良いが、今の所ドングリの背比べ状態。今までの戦歴から考えると、朝日杯勝ちのゴスホークケンが走った、東京スポーツ杯2歳S組が 強そうな感じだが、ここでの勝ち馬はフサイチアソート 、しかし父がトワイニング(祖父フォーティナイナー ・ミスプロ系)で、どうも大物感がしない。救いは母系だがどこまで後押しするか。朝日杯勝ちのゴスホークケンにしても、祖父はアメリカダート血統のStorm Cat、今の時点では突っ走ってどこまで粘れるかが信条の馬の様で、今後はマークされる立場だけに、朝日杯の様に巧くは行くまい。そして今週のきさらぎ賞に出走のブラックシェルの父も、活躍する産駒はダート馬しか出さないクロフネ、又しても今年のダービーは牝馬にさらわれるのか?
取りあえず、きさらぎ賞に注目しよう。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2008-02-12 21:28 | 競馬 | Comments(7)

Commented by 大外強襲 at 2008-02-12 23:58 x
本当に牡馬戦線は異常なくらい、軸になる馬がいませんね。
皐月賞もダービーも、穴馬の激走があるような気がします。
なにがなんだかわかりませんね。
Commented by yoshimura at 2008-02-13 00:35 x
わけわかりませんね。

地味に対戦比較されると、意外と強い馬がどれなのか
見えてくるのかもしれないなと思います。

何頭かの馬を『物差し』にして。。

古典的な方法ですが、実際に惑わされる人が多いので、
オッズの盲点をつけたらいいのですが。

あとは、単純に母父サンデーのニックス配合
(父ミスプロ、グレイソブリン、欧州系ノーザン)を狙うという。
Commented by umajirusi at 2008-02-13 01:38 x
今晩は。
牡馬クラシック戦線は本当に混戦模様ですね。
今のところは、派手さは無いものの、京成杯勝ちのマイネルチャールズが気にかかっています。マイネヌーヴェルの全弟ですし、けっこうイイところまで行くのではと思っています。ただ、姉と同じで”中山は得意だが他は今一つの成績”になりはしないかという点が心配なのですが。お兄ちゃんのマイネルアワグラスはダート馬だし、タフな馬場が会合うのでしょうね…ということで、皐月賞でちょっとだけ期待(笑)
Commented by 不透明 at 2008-02-13 18:08 x
大外強襲さん、皐月賞、ダービーを獲るためにも弾みを付けて行きたいです。
Commented by 不透明 at 2008-02-13 18:14 x
yoshimuraさん、「実際に惑わされる人が多い」それ私です(笑)、父SS直仔が居ない今は、母父SSには要注意ですね、共同杯3着馬も気づいていながら、今一歩押し切れなかったので、今回は押えておこうと思っています。
Commented by 不透明 at 2008-02-13 18:34 x
umajirusi さん、マイネルチャールズは弥生賞へ向うようですね、ここでも勝つとオッズ的に美味しく無くなるので、程々に走って呉れれば(どう言う走りだ?)でしょうか
Commented by yoshimura at 2008-02-13 19:24 x
3着馬は、前走京都で伸びない内を回ってましたもんね。
京都の今開催の最内凡走組は要チェックです。

あと、12月23日の阪神で厳しいペースを経験した組も
かなり穴を空けていますね。
僕は、とりあえず一旦は、型に嵌った競馬を経験して
なんでその型が生み出されたのかを追体験し、
そこから自然にはみ出していく過程で自己流を追求するのが
最も近道だと考えています。