フェブラリーS(G1)

今年最初のG1、芝のG1に比べて地味なレースの感も有ったが、今年はダイワスカーレットの参戦で盛り上がりそうです。そのダイワスカーレット、netkeiba.comの掲示板でアクシデントの噂が飛び交っていますが、真相は分かりません。

ヴァーミリアン 牡6 57.0 石坂正は万全なのか?
飛節炎で川崎記念を回避と一頓挫、ドバイに向けて万全の体制で進めたい陣営にとって、ここに出すからには完治したと考えて良いでしょう。私的にはG12戦を戦った後だけに、間隔が開いて、かえって良かったのでは無いかと考えていますが、調教には注目。後は昨年のフェブラリーS5着でマイルがどうかの懸念ですが、この時は前走平安S(G3)を+20kの馬体重で2着と好走した反動が出たと思います。そして鞍上もテン乗りルメールでした。今回は過去全連対の主戦武豊で、体調万全(ここが問題だが)ならば馬券候補からは外せないでしょう。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2008-02-18 21:33 | 競馬 | Comments(2)

Commented by 大外強襲 at 2008-02-19 14:41 x
ヴァーミリアンは、武J曰く・・・
万全!らしいですよ。
サムソンみたいにならなければいいのですが。

ちょっと期待したい馬としては、ロングプライドです。
東京マイルは得意だったはず?です。
そして、メイショウトウコンにも期待したいですが、距離が・・・

そして、フィールドルージュ。
はまれば一撃も・・・
Commented by 不透明 at 2008-02-19 20:05 x
ヴァーミリアンは、馬体がちょっと緩そうですね、ロングプライドは鞍上ペリエでマジックが恐いです。1・34秒台の決着に成った時への対応が鍵でしょう。フィールドルージュが出来の良さは1番でしょうか。