桜花賞(G1)

今週も魅力的な重賞も組まれていますが、まずはこれからでしょう。
11R 桜花賞(G1)
日刊スポーツによれば、父又は母父内にNダンサー系の馬が、圧倒的に連対している。しかしNDが入っていない馬が少ない現状では、余り参考に成りません。因みに今年の出走可能馬では8頭居るとか、どの馬かは現時点では不明。
上位人気馬寸評(NDの有無も書いておきます)
トールポピー 牝3 55.0 角居勝彦
両母系でN D 4 x 4 のクロス
Hペースの阪神JFで1着、Sペースのチューリップ賞で2着と経験しているのは心強い。鞍上も関西では武豊にも負けない池添、臨戦過程からも連軸は堅いか。

リトルアマポーラ 牝3 55.0 長浜博之
母父にND、そしてこの季節は狙えるND系のリファール配合
阪神マイル2勝、京成杯ではマイネルチャールズ に0.2秒差の4着はご存知の通り。
懸念は馬体重の減少、クイーンカップ組からの勝ち馬が居ないこと。鞍上の不安はさて置き、陣営の仕上げ次第では逆転も可能か。

オディール 牝3 55.0 橋口弘次
ND5 x 5
休養明けのチューリップ賞で出遅れ、スローペースの中追い込んで3着、レース振りから当然人気になるだろうが、父クロフネと言うのがどうも気になる。本番では先行させるのだろうが、最後は切れ負けの可能性も有る。もし追い込み勝負でも届かず3着臭い、△候補までか。

エアパスカル 牝3 55.0 池江泰寿
母系にND
売り出し中の父ウォーエンブレム に母SSは良いですね、チューリップ賞はスローペースに恵まれたとは言え1着、京都紅梅Sで、上がり3ハロン5番手ながら2着と言うのも、阪神向きかと思う(チューリップ賞を勝ったので当然か)。懸念の馬体重は?新馬戦時に戻っただけで心配いらないと思うが、これ以上減っていなければ良しでしょう。不安は阪神でSペースでの競馬しか経験していない事か。

今日はここまで

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2008-04-07 20:55 | 競馬 | Comments(1)

Commented by 競馬ナビ at 2008-04-08 04:42 x
いきなり失礼します。
素晴らしいブログですね。ちょくちょく遊びに来ます。

私の方でもサイトを作りました。栗東トレセン関係者からのタレコミによるサイトです。
是非、見に来てください。損はさせません。
http://56.xmbs.jp/keiba1919/