天皇賞・春(G1)

香港G1に遠征のマツリダゴッホは残念ながら6着でした。海外で勝つには、ちょっと力不足と思いますので、又日本でターフを賑せて欲しいですね。
天皇賞・春(G1)
JRA・HPからのデータでは
・菊花賞馬が強い、マアこの辺は重々承知。2着以下に敗れていた馬が連対するには、勝ち馬に0.7秒差に纏めていた馬。
昨年の菊花賞馬はアサクサキングス、前走大阪杯も負けて強しの印象、当然1、2番人気でしょう。
その菊花賞で、逃げて0.6秒差の6着に踏ん張ったホクトスルタン、前走休養明けのサンシャインS(1600万下)を逃げて2着に1秒差の快勝、鞍上込みで、ここでも恐い一頭です。

・芝2400m以上の重賞レース勝ち馬有利
馬券に成りそうな馬は当然勝っていますから、ちょっと参考に成らない。ただホクトスルタンがここで引っかかるのが、気になる。

・前々走の連対馬が好成績
アサクサキングス、菊花賞1着
アドマイヤフジ、京都記念2着
アドマイヤモナーク、ダイヤモンドS1着

・4歳馬圧倒、続いて5歳馬。6歳以上勝ち馬無し。
アサクサキングス 牡4
ホクトスルタン 牡4

アドマイヤジュピタ 牡5
アドマイヤメイン 牡5
ドリームパスポート 牡5
メイショウサムソン 牡5

2003年7番人気のヒシミラクルが勝ってから荒れだした天皇賞、今年はドウナルノカ?


人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2008-04-28 21:16 | 競馬 | Comments(0)