オークス(G1)

今日は長女二十歳の誕生日だった。親として感慨深い物があります。残念なのは、やはり女性ですから、競馬で一緒に盛り上がれない事、女性でも競馬大好きの方も、多々居られるのでしょうが、それはそれで心配も出てくる、最低一人は男子を設けましょう(笑)

オークス(G1)
昨年は主役不在のレースだったが、それでも5、1番人気で決着、今年も確たる主役不在で乱戦ムードが漂うが、今年の桜花賞組には?信号点灯ですが、過去10年で桜花賞組が連に絡まなかったのは2001年のみ、その時の桜花賞勝ち馬はTオーシャンで、オークス3着と何とか面目は立てた。やはりオークスとの関連性が高い桜花賞組は外せない、桜花賞組からどの馬をチョイスするかが、勝利へのポイントでしょうか。

桜花賞組
レジネッタ 牝3 55.0 浅見秀一
桜花賞前半3ハロン34.6と過去10年で3番目に早いペースで、追い込んだこの馬にとって絶好の展開だったのは事実だが、展開に恵まれたとは言へ力が無ければ、勝てる物ではない。後は馬体重456→432と減り続けているのが気懸かりも、充分に立て直す時間が有ったので、上位争いは必至か。

エフティマイア 牝3 55.0 鹿戸雄一
中団ヤヤ前の競馬で、蛯名J早めに抜け出しを図るも1着馬に交わされる。しかし息の長い末脚は見所有り、-10kと究極に馬体を仕上げていただけに馬体回復が鍵。本来マイラータイプでも何とか為るのがオークス、母父ニホンピロウイナーで嫌われれば妙味は大いに有る。

ソーマジック 牝3 55.0 田村康仁
桜花賞が初の関西移動だったが、馬体も-2kと僅かしか減らず精神面での強さは好感。桜花賞では直線で前をカットされる不利で、得意の府中に戻り逆転期待が高まる。

リトルアマポーラ 牝3 55.0 長浜博之
桜花賞では前半の早いペースに置かれて、上がり最速の34.3を記録するも5着完敗、京成杯(G3)の走りをすれば馬券内も、末脚勝負で切れ負けの予感、本命候補には押せない。

ブラックエンブレム 牝3 55.0 小島茂之
桜花賞では、調教追い切りをしないと言う奇策?ただ馬も精神面から一頓挫有った模様、結果は10着惨敗、今回キッチリ調教を積んで来れば穴で一考

レッドアゲート 牝3 55.0 田村康仁
メンバー中ただ一頭の芝2400m経験馬で心強いのは確か、フローラS(G2)では先行し抜け出す強い内容、上がり3ハロンも34.8と優秀。ただオークス出走へ目一の勝負をしただけに、その勢いを維持出来るかが焦点でしょう。

アロマキャンドル 牝3 55.0 河野通文
いちょうS(OP)1着、スイートピーS(OP)1着と府中での末脚に見所有り、スローになっても確実に末脚を伸ばして来そうだ。鞍上勝春に一抹の不安は有る。

ムードインディゴ 牝3 55.0 友道康夫
忘れな草賞(OP)1着、このレースは中盤が緩まない、如何にもDダーク産駒向きのレースだった、スローが見込まれる今回は最後切れ負けの予感、ただ鞍上がオークス男の福永だけに不気味では有る

カレイジャスミン 牝3 55.0 宗像義忠
逃げるのはエアパスカルか、この馬か?血統的に逃げれば案外やれそうな予感、鞍上も柴田で不気味。母系にオークス馬 シャダイアイバー が居るのもそそられる。因みにアロマキャンドルも同じです。

まだまだ見限れない馬が居ますが今日はこの辺で終わり。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2008-05-21 21:04 | 競馬 | Comments(0)