優駿牝馬(G1)

11R 優駿牝馬(G1)
考察も中途半端に終わりましたが、取り合えず印を付けておきます。
◎ブラックエンブレム 牝3 55.0 松岡正海
精神的ストレスと、厩舎の冒険?で追い切りを止めて挑んだ桜花賞はやはり不本意な結果、しかし勝ち馬とは0.7秒差、ここへ向けて余力は1番、今回はキッチリと調教を行い逆転期待。間違っても逃げて呉れるなよ、3、4番手希望。

○レッドアゲート 牝3 55.0 内田博幸
唯一の2,400m経験馬、フローラSでは先行して突き放す強い内容、Mカフェ産駒でズブ目のこの馬には、内田はピッタリ合う。

▲レジネッタ 牝3 55.0 小牧太
△リ トルアマポーラ 牝3 55.0 武幸四郎
△トールポピー 牝3 55.0 池添謙一
△ソーマジック 牝3 55.0 田村康仁
☆スペルバインド 牝3 55.0 勝浦正樹
京都外回り2,200m勝ち馬、馬場渋ればこの馬にもチャンス到来、調教も有力馬のリトルアマポーラと遜色無し

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2008-05-24 20:49 | 競馬 | Comments(0)